男性から女性に|婚約指輪を手作りすることで愛を確かめ合える

婚約指輪を手作りすることで愛を確かめ合える

指輪

男性から女性に

カップル

プロポーズの時に

婚約指輪は婚約をしたときに、結納と一緒に婚約の記念品として男性から女性に贈られることが、福岡では一般的でしたが最近では女性に結婚のプロポーズを行った時に、一緒に贈られることが多くなっています。プロポーズの時には悲喜こもごもの物語が繰り広げられます。婚約指輪はその物語をしっかりとみています。給料の3か月分という値段の指輪を贈らなければならないという俗説が、福岡でもありましたが、愛がこもっていれば値段は関係がありません。彼女には内緒でプロポーズとともに手渡す人が福岡にも多くいて、実は婚約指輪をレンタルするお店も現れてきています。それはなぜかというと、プロポーズをして断られたら婚約指輪が必要ではないようになるからです。

指のサイズを確かめて

婚約指輪のレンタルといっても、レンタルの専門店が福岡にあるわけではありません。あくまでも宝石店でのサービスの一つになります。プロポーズがうまくいけばその指輪を購入してもらい、うまくいかなかったときは借りている間のレンタル料を負担するという形です。そうすれば費用を無駄にすることはありません。婚約指輪をプロポーズと一緒に渡す時に注意したいのが、彼女の指のサイズになります。お金はたくさん払ったけど実際にはめてみたら全然指の大きさにあっていないということがないように、気を付けてください。彼女のジュエリーケースから指輪を探してみて、きっちりとサイズを確かめて購入するようにしてください。あからさまにサイズを聞くと、サプライズ感がなくなってしまいます。